京都情報 9月


■秋を告げる 秋まつり
 
梨木神社(9月21日(土)〜23日(月)祝)

約500株の萩に境内は華やぎます。虫籠に鈴虫を入れて神前に奉納します。
萩の枝には訪れた人々の献句の短冊が吊るされ、拝殿で狂言、舞踏、琴の演奏などがあります。期間中はお茶席も設けられます。
[梨木神社]上京区寺町通広小路上ル染殿町 市バス17・205「府立医大病院前」
TEL075(211)0885

霊山観音(9月29日(日)(予定))

大戦による犠牲者の冥福祈念の為に建立された、高さ24mの大観音尊像のもとで 催される興趣ある萩まつり。
東山の麓には、幕末の動乱に殉じた志士らも眠っています。
[霊山観音]東山区高台寺下河原町
市バス206「東山安井」TEL075(561)2205


■神能と薪能  
御香宮神能(9月23日(月)祝 17時〜20時頃) 料金3,000円

御香宮神社
御香宮の能舞台で行われる能・仕舞・狂言。歴史も古く親しまれている行事。
御香宮は、豊臣秀吉が伏見城の守り神とした神社で、桃山期の特色を残した表門や本殿は重文。鳥羽伏見の戦いでは薩摩軍の屯所になりました。
[御香宮神社]伏見区桃山御香宮門前町
近鉄京都線「桃山御陵前」、JR奈良線「桃山」
京阪電車「伏見桃山」TEL075(611)0559

上京薪能(9月20日(金)) 料金2,000円(前売1,500円)〜昨年実績〜

白峯神宮(雨天の場合は金剛能楽堂で上演予定)
市民の薪能として、一部と二部に分かれ、舞囃子、仕舞、琴と在洛諸派の能などが演じられる。40年以上の歴史があり、毎年楽しみにしている観客も多い。
[白峯神宮]上京区今出川通堀川東入ル飛鳥井町
市バス9「堀川今出川」
問合せ:上京区役所まちづくり推進課TEL075(441)5040


■賑わいの清水の舞台〜観音加持青龍会〜(9月14日(土)〜15日(日))

 
清水寺  入山料300円
秋日和の清水の舞台、法螺貝を吹き、「転法衆」を先頭に、「会奉行」「夜叉神」 そして「四天王」と青龍、「十六善神」の神々が続くという大群会行の行道が境内を練り歩きます。
観音加持として行われる青龍会は2000年の御本尊御開帳の年に始まりました。
現代の感性も随所に見られ、参拝者の評判を呼び、新しい清水寺の「風景」となっています。
[清水寺]東山区清水 市バス206「清水道」TEL075(551)1234